所属弁護士

窪田もとむ KUBOTA,Motomu(札幌オフィス)

略歴
昭和47年3月
早稲田大学第一法学部卒業
昭和47年4月
司法研修所入所(司法修習期:26期)
昭和49年4月
判事補任官
昭和49年4月~59年3月
佐賀地裁、大阪地裁、大阪家裁、東京家裁、最高裁事務総局家庭局に勤務
昭和59年4月
判事再任
昭和59年4月~63年3月
旭川地・家裁に勤務
昭和63年4月
判事退官
昭和63年5月
弁護士登録(札幌弁護士会)、窪田法律事務所設立
平成20年5月
弁護士法人ほくと総合法律事務所にパートナーとして参画
主要取扱業務 企業倒産法分野全般
主要実績
  • 北海道炭鉱汽船(株)とその関連会社の会社更生、破産,特別清算の申立代理人(共同)
  • 拓銀抵当証券被害者弁護団として損害賠償請求訴訟原告代理人
  • 債権者申立に係る医療法人の民事再生事件において再生管財人を担当
  • 他に破産事件の破産管財人、民事再生事件の監督委員を含め、破産、民事再生事件を多く手がける。
執筆
  • 「注解家事審判法」(共著・青林書院)
  • 「注解家事審判規則」(共著・青林書院)