所属弁護士

滝本豊水 TAKIMOTO, Toyomi(東京オフィス)

略歴
昭和47年
東京大学法学部卒業
昭和47年
大蔵省入省(現財務省)
昭和52〜53年
防府税務署長
昭和63〜平成5年
内閣法制局参事官
平成5年〜平成7年
大蔵省銀行局保険第二課長・保険第一課長
平成7年〜平成10年
証券取引等監視委員会特別調査課長・総務検査課長
平成10年
スタンフォード大学 アジア太平洋研究所研究員
平成11年〜平成12年
大蔵省大臣官房審議官
平成12年
弁護士登録 あさひ法律事務所(現西村あさひ法律事務所)入所
平成28年1月
弁護士法人ほくと総合法律事務所にカウンセルとして入所
現在
特定非営利活動法人 証券・金融商品あっせん相談センター あっせん委員
現在
特定非営利活動法人 証券学習協会 理事長
現在
一般社団法人 保険乗合代理店協会 顧問 など
執筆
  • 「投資家目線の説明義務」(FINMAC No.1)
  • 「損害保険事業の規制緩和と消費者対応」(あいおい基礎研REVIEW)
  • 「損害保険代理店の破綻と保険料専用口座の帰属」(旬刊金融法務事情No.1677 (2003年6月15日号)
  • 「情報をめぐる法律・判例と実務-戦略的情報取引と法務」(民事法研究会・共著)
  • 「保険募集人資格が必要となる行為はどのような行為か(保険募集の定義)」
  • 「金融ADR(指定紛争解決機関)の創設」 等
講演
  • 保険業務における事業継続に係る法的規制と方向性
  • 金融紛争に対する戦略的対応
  • 苦情対応、紛争解決及びADRとしてのあっせんについて
  • 金融商品取引法と消費者保護について
  • 監督行政の目指す方向と損害保険会社のとるべき対応について 等